アプリケーション

メーカーのサポートが受けられるアプリケーションの一覧です.フリーのソフトやライブラリについては オープンソースソフトウェア・ライブラリ をご覧ください.

スーパーコンピュータシステムは,システムA,B,Cの3種類のシステムから構成されており,各システムでご利用頂けるアプリケーションが異なります.

なお,GUIアプリケーションを利用する際に必要となるPCXサーバソフトウェアとしてExceed onDemandを提供しています.インストール方法や使い方については, Exceed onDemandでのログイン をご覧ください.

また,アプリケーションの実行時には,原則として xrun コマンド(GUIを使用する場合)を, tssrun コマンド(GUIを使用しない場合)を利用し,計算ノードで実行するようお願いします. xrun コマンドおよび tssrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

アプリケーション一覧

原則,システムB,Cでの利用となります.例外としてGaussian09はシステムAでも利用可能です. また,一部のアプリケーションでは,一人で同時に利用できるライセンス数に制限を設けています.詳細は各アプリケーションのページでご確認ください.

+ : すべてのユーザが利用可能
AU : 学術研究機関限定で利用可能
KU : 京都大学構成員限定で利用可能
― : 利用不可

データの可視化・図形処理

ソフトウェア システムA システムB システムC
AVS/Express AU AU
ENVI / IDL AU AU
Tecplot360 KU KU

数式処理

ソフトウェア システムA システムB システムC
Maple KU KU
Mathematica KU KU

技術処理

ソフトウェア システムA システムB システムC
MATLAB KU KU

計算化学

ソフトウェア システムA システムB システムC
Gaussian09 / Gaussview5 + + +
Gaussian16 / Gaussview6 + + +
MOPAC AU AU
  • Gaussianを利用するには, 利用者ポータル から申請いただく必要があります.

構造解析

ソフトウェア システムA システムB システムC
MSC Nastran AU AU
Patran AU AU
Adams AU AU
Marc AU AU
Marc Mentat AU AU
LS-DYNA / LS-PREPOST AU AU
ANSYS KU KU

統計解析

ソフトウェア システムA システムB システムC
SAS AU
  • SASは,システムBのログインノードのうち1ノードでのみ利用可能でバッチ利用は不可

オープンソースソフトウェア

オープンソースソフトウェア・ライブラリを参照してください.


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.