Adams

バージョン システムA システムB システムC
2021.0.2(default) AU AU
2020.1 AU AU
2020 AU AU
2019.2 AU AU
2018.1 AU AU
2017.2 AU AU
2017.1 AU AU
2016 AU AU

+ : すべてのユーザが利用可能
AU : 学術研究機関限定で利用可能
KU : 京都大学構成員限定で利用可能
― : 利用不可

Modulesソフトウェアパッケージは,アプリケーションの利用に必要な環境設定をmoduleコマンドを実行することで,動的に切り替えて設定することができます.また,異なるバージョンのアプリケーションを切り替えて利用する際に,簡単に環境設定を変更することができます.詳細は Modules をご覧ください.

バージョン モジュールファイル名
2021.0.2 adams/2021.0.2
2020.1 adams/2020.1
2020 adams/2020
2019.2 adams/2019.2
2018.1 adams/2018.1
2017.2 adams/2017.2
2017.1 adams/2017.1
2016 adams/2016

module avail コマンドにて,利用できるモジュールファイル一覧が確認できます.

Adamsは,複数のボディ要素(部品)と拘束要素(ジョイント)で構成されたMBS(Multi Body System)に初期条件を定義することで,各部品に発生する力や運動を時系列にてシミュレートすることができる機構解析ソフトウェアです.
なお,Adams 2012 以降では,MD Adams との製品統合が行われ,MD Adamsの機能が使えるようになりました.

Adamsは,汎用的に使用できる基本プロダクトと解析ニーズに対応したプラグインにより構成されています.

  • 機構解析用基本アプリケーション

    • Adams Solver(機構モデル解析用ソルバー)
    • Adams View(機構モデル作成用GUI)
    • Adams Exchange(CADデータ読込機能(中間形式) )
  • 複合領域解析向けプラグイン

    • Adams Control(制御系モデルとのCo-Simulation 機能)
    • Adams Flex(弾性体作成インターフェース(MSC Nastran Master DB 入力も可能))
    • Adams Linear(固有値計算ソルバー(MSC Nastran BDF 出力も可能) )
    • Adams Vibration(機構モデルの周波数応答計算ソルバー)
    • Adams Durability(応力リカバリ機能+MSC Fatigue用インターフェース)
  • 自動車設計向けプラグイン

    • Adams Car(車両走行解析機能)
    • Adams Tire FTire(乗心地解析用タイヤ)
    • Adams Leafspring Toolkit(リーフスプリング設計専用ツール)
  • 機械設計向けプラグイン

    • Adams Gear Advanced Technology Toolkit(弾性体ギア設計専用ツール)
    • Adams Bearing Advanced Technology Toolkit(弾性体ベアリング設計専用ツール)

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load adams

Exceed onDemand で,次のコマンドを実行するとAdamsが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ xrun mdi

※パーソナルコースキューやグループコースキューをお持ちの方は,並列計算をご利用の際は前述のキューでアプリをご利用ください.

まず,Exceed onDemand で次のようにxrunコマンドを実行の際に, -A オプションでスレッド並列数を指定します.

例1:4並列実行... t,cの値を4に指定します

$ xrun -A t=4:c=4 mdi

例2:利用可能メモリも増量する場合... mの値も指定します(何も指定しないと3413MBとなります)

$ xrun -A t=4:c=4:m=10G mdi

AdamsツールバーからAdams Viewを起動後,解析の実行前に下記の設定を行って,並列数を指定してください.

[Simulation]→[ギアマーク(Simulation Control)]→[Simulation Settings]→[More]→[Category] を "Executable" に→[Thread Count] を設定(4並列で実行したければ4を入力)

以下の手順によりグラフィックスライブラリの設定をX11に切り替えてください.

  1. AdamsツールバーのMSCボタンを右クリックし, Start Registry Editor を選択します.
  2. Registry Editor ダイアログが表示されますので,左側のツリーで, AView => Preferences => Graphics を選択します.
  3. 右側の設定画面で, Graphics_DriverX11 に設定し, OK ボタンを押します.

以下の環境変数を設定した上で,Adamsを起動すると, Adams/View のメニューを日本語化することができます.

$ setenv ADAMS_GUI_LOCALE japanese
$ setenv MDI_GUI_FONT_FAMILY -dt-gothic-bold-i-normal

$ export ADAMS_GUI_LOCALE=japanese
$ export MDI_GUI_FONT_FAMILY=-dt-gothic-bold-i-normal

なお,日本語表示に成功した場合でも,Adams/View の Message Window にフォントに関する WARNING が表示されます.

Adams ドキュメント (MSC Software)

Adams Docs (MSC Software)

Adams (MSC Software)

プログラム講習会 を定期的に開催しています.講習会資料を配布していますので,ご利用ください.


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.