ENVI/IDL

バージョン システムA システムB システムC
ENVI 5.6.0 (default) AU AU
ENVI 5.5.0 sp3 AU AU
ENVI 5.5.0 sp2 AU AU
IDL 8.8.0 (default) AU AU
IDL 8.7.0 sp3 AU AU
IDL 8.7.0 sp2 AU AU

AU : 学術研究機関限定で利用可能
― : 利用不可

ENVI/IDL を手持ちのパソコンにインストールして利用できるライセンスサービスの提供を行っています.
詳細は, ENVI/IDL(ライセンスサービス) をご覧ください.

ENVI/IDLをご利用いただくには, 利用者ポータル から利用登録が必要です.
なお利用登録の際,関係法令等を理解した上で同意していただく必要があります.

ENVI/IDL につきまして,この度,販売元のExelis VIS株式会社(エクセリス・ヴィアイエス株式会社)より,
本ソフトウエアはU.S. Export Administration Regulations(EAR)を含む米国の輸出管理に関する法令の規制対象であり,再度の注意喚起を目的に米国ITT Visual Information Solutions (ITT VIS)社の End User License Agreement および Export Classification の内容に合意した利用者のみ利用可能にするよう依頼がありました.

なお,本ソフトウェアは,米国が輸出制限措置を講じている国もしくはその国民・居住者においてダウンロードし,またはこれらの国もしくはその国民・居住者に向けて輸出もしくは再輸出できません.
なお,米国輸出管理法では,日本国内においても米国原産の技術情報やソースコードを日本以外の国籍者(永住権を持つ者を除く)に開示する場合には,その外国籍者の本国への再輸出(「みなし再輸出」)とみなされますので,ご注意ください.

利用者の皆様におかれましては,関係法令等を理解した上でご利用いただきますよう,お願い致します.

Modulesソフトウェアパッケージは,アプリケーションの利用に必要な環境設定をmoduleコマンドを実行することで,動的に切り替えて設定することができます.また,異なるバージョンのアプリケーションを切り替えて利用する際に,簡単に環境設定を変更することができます.詳細は Modules をご覧ください.

バージョン モジュールファイル名
ENVI 5.6.0 envi/56
ENVI 5.5.0 sp3 envi/55sp3
ENVI 5.5.0 sp2 envi/55sp2
IDL 8.8.0 idl/88
IDL 8.7.0 sp3 idl/87sp3
IDL 8.7.0 sp2 idl/87sp2

module avail コマンドにて,利用できるモジュールファイル一覧が確認できます.

ENVIは衛星画像,航空写真,レーダ,ハイパースペクトルなどのリモートセンシングデータの解析および可視化を行う統合アプリケーションソフトです.様々な汎用的センサー・データの読み込み,フィルタリング等の画像処理,データ分類,標高データ解析などの機能が利用できます.また,IDLを利用する事で,ENVIにユーザー独自のアルゴリズムを追加することが可能です.

ENVI5.0では,メニューやオプションを一つのインターフェース内に統合されたため,GUIに大きな変更があります.
ENVI4.8以前と同じGUI形式は,ENVI-Classicとして利用することが出来ます.

IDLは計測・実験,数値計算,統計解析,シミュレーション,ビジュアライゼーションなどで使用されているソフトウェアで,データ解析,可視化,アプリケーション開発に利用されています.様々なファイル形式のデータを読み込む事ができ,600種類以上の各種処理関数/ライブラリが利用できます.また,IDL言語でアプリケーションを作成し,コードをほかのユーザーに配布する事が可能です.

  • 大気補正機能オプション「Atmospheric Correction Module」

 今までのMODTRAN4+をベースとしたFLAASH機能に加えて,Quick Atmospheric Correction(QUAC)機能の両方が利用できる大気補正機能オプションです.

 大気中の水蒸気,酸素,二酸化炭素,メタン,オゾン,エアロゾルなどの影響を補正したイメージを簡単に計算することができます.

  • DEM作成オプション 「DEM Extraction Module」

    DEMをペア画像から容易に抽出することが出来るツールです.

    2枚の同地域衛星画像からDEM作成ができ,今までDEMデータが取得されていない地域でもDEMを使用した地形解析が行えます.

気象・海洋分野,環境・森林分野,農業分野,地形・地質学,自然資源探索,航空宇宙分野 など

リモートセンシング,宇宙科学,医用画像,気象 など

Exceed onDemand で,システムにログインします.

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load envi

Exceed onDemand で次のコマンドを実行するとENVIが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ xrun envi

ENVI起動画面が表示されます.

ENVI内のコマンドウィンドウで次のコマンドを実行するとENVIが終了します.

$ exit

または,「メニューバー」の「File」内にある「Exit」をクリックし,「Terminate this ENVI Session?」で「Yes」を選択するとENVIが終了します.

なお,ENVI Classic UIは下記のコマンドで起動できます.

$ xrun envi -classic

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load idl

Exceed onDemand で次のコマンドを実行するとIDLが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ xrun idlde

「メニューバー」の「File」内にある「Exit」をクリックしするとIDLが終了します.

次のコマンドを実行するとCUI版のIDLが起動します. tssrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ tssrun idl

次のコマンドを実行するとIDLが終了します.

> exit

IDLのコンソールで,次のコマンドを実行するとIDLオンラインヘルプが起動します.

> idlhelp

メニューバーの「File」内にある「Quit」をクリックしするとIDLオンラインヘルプが終了します.

プログラム講習会 を定期的に開催しています.講習会資料を配布していますので,ご利用ください.


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.