Mathematica

バージョン システムA システムB システムC
12.3.1 KU KU
12.2.0 (default) KU KU
12.1.1 KU KU
12.0.0 KU KU
11.3.0 KU KU
11.1.1 KU KU
11.0.1 KU KU
10.4 KU KU

KU : 京都大学構成員限定で利用可能
― : 利用不可

Modulesソフトウェアパッケージは,アプリケーションの利用に必要な環境設定をmoduleコマンドを実行することで,動的に切り替えて設定することができます.また,異なるバージョンのアプリケーションを切り替えて利用する際に,簡単に環境設定を変更することができます.詳細は Modules をご覧ください.

バージョン モジュールファイル名
12.3.1 mathematica/12.3.1
12.2.0 mathematica/12.2.0
12.1.1 mathematica/12.1.1
12.0.0 mathematica/12.0.0
11.3.0 mathematica/11.3.0
11.1.1 mathematica/11.1.1
11.0.1 mathematica/11.0.1
10.4 mathematica/10.4

module avail コマンドにて,利用できるモジュールファイル一覧が確認できます.

mathematica/11.3.0 以降を Exceed onDemand で利用する場合,キーボードレイアウトが日本語にならない問題がありますので,日本語キーボードユーザの方は下記の方法で Exceed onDemand 起動時に Passive_xkb.cfg を選択してください.

  1. 一旦 Exceed onDemand を終了する
  2. Exceed onDemandを立ち上げ,ユーザIDとパスワードを打って「ログイン」ボタンを押したところまで進める.(Exceed onDemandでのログインの8番を完了して,9番まで進める)
  3. 下記画面が出ていると思いますので,Xconfig に「Passive_xkb.cfg」を選ぶ(XstartはJapanese_Gnome_Terminalのままで構いません).「実行」をクリックしてターミナルを表示させる.
  4. ターミナルで通常通り mathematica/11.3.0 のモジュールのロードとmathematicaの実行を行う

Mathematicaは,数式処理,数値計算の機能に加え,優れたグラフィック機能を統合的に扱えるシステムです.また,数学の考え方と同じ感覚でプログラミングすることができ,インタラクティブに計算結果が得られます. Mathematicaを使えばデータ解析や複雑な微分方程式の解を求めるような単一のタスクから,包括的なソリューションやプロトタイプ,アプリケーションの開発まで果たすことができます.

  • 数百・数千にもおよぶ高度な記号計算
  • 方程式の解,微分方程式,問題の数値的・記号的な最適化
  • 数値的なモデリングやシミュレーションが可能
  • RAD (迅速なアプリケーション開発) 環境
  • インタラクティブな技術レポートや電子又は印刷用の文書の作成
  • 数式表現を使った技術文書の作成

工学,数学,金融,物理,化学,生物など

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load mathematica

Exceed onDemand で,次のコマンドを実行するとMathematicaが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ xrun mathematica

起動後,画面左のメニューより,Notebookを選択すると,ノートブック画面が立ち上がります.ノートブック画面でプログラム(数式、計算式)を書き込んで計算させます.

ノートブック画面で, メニューバーFile 内にある Quit をクリックするとMathematicaが終了します.

次のコマンドを実行するとMathematicaが起動します. tssrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ tssrun math

次のコマンドを実行するとMathematicaが終了します.

$ Quit

提供なし


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.