Marc Mentat

バージョン システムA システムB システムC
2020.1 (default) AU AU
2019.1 AU AU
2018.1 AU AU
2018 AU AU
2017.1 AU AU
2017 AU AU
2016 AU AU

+ : すべてのユーザが利用可能
AU : 学術研究機関限定で利用可能
KU : 京都大学構成員限定で利用可能
― : 利用不可

Modulesソフトウェアパッケージは,アプリケーションの利用に必要な環境設定をmoduleコマンドを実行することで,動的に切り替えて設定することができます.また,異なるバージョンのアプリケーションを切り替えて利用する際に,簡単に環境設定を変更することができます.詳細は Modules をご覧ください.

バージョン モジュールファイル名
2020.1 marc/2020.1
2019.1 marc/2019.1
2018.1 marc/2018.1
2018 marc/2018
2017.1 marc/2017.1
2017 marc/2017
2016 marc/2016

module avail コマンドにて,利用できるモジュールファイル一覧が確認できます.

Msc.Marc MentatはMSC.Marc専用の会話型プリ・ポストプロセッサです.有限要素モデルの作成および解析結果の表示が可能です.

Marc Mentatは対話型操作にて,Marcの入力データ作成・編集を行うことができます.また、Marcで解析した結果を表示することも可能です.

  • 航空・宇宙
  • 重工業
  • 自動車
  • 電気・電子
  • 建設
  • 医療関係 など

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load marc

Exceed onDemand でシステムにログインし,次のコマンドを実行するとMarc Mentatが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ xrun mentat

メニューバーFile 内にある Quit をクリックし, SAVE & QUITYes を選択するとMarc Mentatが終了します.

marc/2018, marc/2018.1 を Exceed onDemand で利用する場合,キーボードレイアウトが日本語にならない問題がありますので,日本語キーボードユーザの方は下記の方法で Exceed onDemand 起動時に Passive_xkb.cfg を選択してください.

  1. 一旦 Exceed onDemand を終了する
  2. Exceed onDemandを立ち上げ,ユーザIDとパスワードを打って「ログイン」ボタンを押したところまで進める.(Exceed onDemandでのログインの8番を完了して,9番まで進める)
  3. 下記画面が出ていると思いますので,Xconfig に「Passive_xkb.cfg」を選ぶ(XstartはJapanese_Gnome_Terminalのままで構いません).「実行」をクリックしてターミナルを表示させる.
  4. ターミナルで通常通り marc のモジュールのロードとmentatの実行を行う

※パーソナルコースキューやグループコースキューをお持ちの方は,並列計算をご利用の際は前述のキューでアプリをご利用ください.

まず,Exceed onDemand で次のようにxrunコマンドを実行の際に, -A オプションでスレッド並列数を指定します.

例1:4並列実行... t,cの値を4に指定します

$ xrun -A t=4:c=4 mentat

例2:利用可能メモリも増量する場合... mの値も指定します(何も指定しないと3413MBとなります)

$ xrun -A t=4:c=4:m=10G mentat

GUIの起動後,解析の実行前に下記の設定を行って,並列数を指定してください.

[job名を右クリック]→[Run]→[Solver/Parallelization]→[Multiple Threads(2か所)] (4並列で実行したければ4を入力)

なお,2か所のMultiple Threadsのうち,「Matrix Solver」の方(図の下の方)では,次のソルバータイプで並列計算が有効になります.対応していないソルバータイプを指定すると,当該Multiple Threadsの指定ができません.

  • Multifrontal Sparse
  • Casi Iterative
  • Paradiso Direct Sparse
  • Mumps Parallel Direct

Marc & Mentat ドキュメント (MSC Software)

Marc & Mentat Docs (MSC Software)

Marc (MSC Software)


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.