MOPAC

バージョン システムA システムB システムC
MOPAC 2016(default) AU AU

AU : 学術研究機関限定で利用可能
― : 利用不可

本アプリケーションでは,一人で同時に利用可能なライセンス数を2に制限しています. そのため,一人で同時に3個以上のバッチジョブを投入できませんのでご注意ください.

Modulesソフトウェアパッケージは,アプリケーションの利用に必要な環境設定をmoduleコマンドを実行することで,動的に切り替えて設定することができます.また,異なるバージョンのアプリケーションを切り替えて利用する際に,簡単に環境設定を変更することができます.詳細は Modules をご覧ください.

バージョン モジュールファイル名
2016(default) mopac/2016

module avail コマンドにて,利用できるモジュールファイル一覧が確認できます.

MOPACは様々な分子系に対する物性・反応性予測,構造解析のために,世界中の化学者によって,広く利用されている半経験的分子軌道計算プログラムです.
MOPACは1983年にMOPAC1が提供され,以後バージョンアップを重ねてきました.
本センターでは,MOPAC7.1をベースに改良が行われた MOPAC2016 を導入しております.

MOPACは,MOZYME法による高速計算ルーチン,アミノ酸の配列の自動認識機能により,10,000個を超える原子から構成される高分子の分子軌道計算などを行うことができます.

MOPAC2016 では,それまでの様々な分子系に対する各種物性予測や反応解析に加えて,鎖の高分子(1次元)や,表面(2次元),結晶(3次元)といった周期系の取り扱いに対応しており,分子性結晶,イオン性結晶,無機酸化物などの結晶構造の予測を行うことができます.

  • エレクトロニクス
  • 化学・石油化学
  • 食品・薬品 など

moduleコマンドを実行し,環境設定を行います.(利用したいバージョンのmoduleファイルをロードします)

$ module load mopac

$ tssrun MOPAC2016.exe  入力ファイル

$ tssrun MOPAC2016.exe  water.dat

tssrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

$ submopac2016  キュー名  入力ファイル

$ submopac2016 eb water.dat

グループコースのキューを使用する場合は, submopacコマンド実行前に 実効グループを変更 する必要があります.実効グループを変更するには, newgrp コマンドを使用します.

$ id
uid=12345(w12345) gid=12345(w12345) 所属グループ=12345(w12345),19999(gr19999)
$ newgrp gr19999
$ id
uid=12345(w12345) gid=19999(gr19999) 所属グループ=12345(w12345),19999(gr19999)

提供なし

MOPAC Manual

MOPAC2016 (openMOPAC)

プログラム講習会 を定期的に開催しています.講習会資料を配布していますので,ご利用ください.


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.