計算資源の割り当て

スーパーコンピュータシステムでは,お申し込み頂いたサービスコースごとにキューを用意しており,そのキューを指定してジョブを実行いただけます.

すべてのキューには,最小資源量,標準資源量,最大資源量の3つの制限値が設定されており,キューで利用できる計算資源の量が決められています.

制限項目 意味
最小資源量 キューに対して常に確保されるCPUコア数
標準資源量 キューに投入されたジョブが利用できるCPUコア数の最大値
最大資源量 キュー全体で利用できるCPUコア数の最大値

最小資源量は,キューに対して常に確保されるCPUコア数のことで,最低保証資源量ともよばれます.
システム定常稼働時には,システムの混雑状況によらず,最小資源量として設定された数のCPUコアを利用できることが保証されます.

標準資源量は,キューに投入されたジョブが利用できるCPUコア数の最大値です.
ジョブ投入時に -A オプションを使うことでジョブに割り当てるリソース量を指定できますが,標準資源量を超えるリソース量を要求した場合にはエラーが発生します.

$ qsub -A p=4000 ./jobscript.sh
Too many processors requested. Job not submitted.

最大資源量は,キュー全体で利用できるCPUコア数の最大値です.
システムの資源に空きがある場合,キューに投入されたジョブは順次実行され,複数のジョブが同時に実行状態となることもあります.しかし,キュー内のすべてのジョブの使用コア数の総和が最大資源量を超えることはできません.キュー全体で利用しているCPUコア数が最大資源量の値に達すると,たとえシステムの資源に空きがあったとしても,ジョブは実行待ち状態となります.

キューに設定された各制限値は qgroup コマンドで確認できます.
表示された結果の MIN/ STD/ MAX列の値が,それぞれ,最小資源量/ 標準資源量/ 最大資源量に対応します.

$ qgroup
 QUEUE    SYS |   RUN  PEND OTHER | ALLOC ( MIN/ STD/ MAX) | READY
----------------------------------------------------------------
 gr19999a  A  |     1     0     0 |    64 (  68/ 136/ 272) | 64
 gr19999a  A  |     0     0     0 |     0 ( 136/ 272/ 544) | 192

グループコースキューは,グループコースを申し込み頂いた方のグループに個別に用意されるキューです.

最小資源量,標準資源量,最大資源量は以下のように決められます.

制限項目 設定値
最小資源量 コースタイプと標準資源量から算出された値
標準資源量 申請書に記載された値
最大資源量 最大で標準資源量の2倍の値(システム運用状況により変動)

パーソナルコースキュー(pa,pb,pc)は,パーソナルコースを申し込み頂いた方のみが利用できる専用のキューです.パーソナルコースのキューについては,最小資源量,標準資源量,最大資源量ではなく,ユーザ当たりの利用CPUコア数で割り当て資源を設定しています.

キュー 1人のユーザが利用できるCPUコア数
pa 272
pb 144
pc 72

大規模ジョブコースキューは,大規模ジョブコースを申し込み頂いた方に個別に用意されるキューです.

最小資源量,標準資源量,最大資源量は以下のように決められます.

制限項目 設定値
最小資源量 標準資源量と同じ値
標準資源量 申請書に記載された値
最大資源量 標準資源量と同じ値


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.