Nice DCVでのログイン(試験提供)

Nice DCVは,サーバ側のGPUを利用し,可視化アプリケーション等の2D/3Dグラフィックを高速に描画可能なリモートデスクトップソフトウェアです. データ圧縮技術により通信トラフィックを抑えているため,遠隔地でも快適にGUIベースのアプリケーションをご利用いただけます. 専用のクライアントソフト(Windows, Mac, Linux)からご利用頂けます.

現在,Nice DCVはGPUサーバの gp-0001 でご利用頂けます. Nice DCVへの接続は,システムA/B/C のログインノードから行えます.

Windowsをご利用の方は Windows,MacおよびLinuxをご利用の方は Mac, Linux をご覧ください.

  1. Puttyを起動し,最初の「Putty設定」の画面を出します.
  2. Windowsでのログイン で保存した,システムA/B/Cいずれかのセッション設定を読み込みます(以下は例としてシステムBのセッション設定を利用します).
  3. 左側のカテゴリから「SSH」→「トンネル」をクリックします.
  4. 「源ポート」と「送り先」に,下記の内容を入力し,「追加」をクリックします.「フォワードするポート一覧」に設定が追加されたことを確認してください.
    • 源ポート: gp-0001:8443
    • 送り先: 8443
  5. 左側のカテゴリから「セッション」をクリックし,右側の「保存」をクリックして設定を保存します.

  1. PuTTYで,事前準備でトンネルを登録した設定を用いて,システムA/B/Cいずれかへログインします.
  2. 下記のコマンドを実行することで,セッションの登録が行えます.
    $ dcv-session --create

    なお,既にセッションを登録済みの場合は, "Could not create session. A session with the same ID already exists." と表示され,新しいセッションは登録できません.また,GPUサーバが受け入れ上限値を超えている場合は, "GPU server is busy" と表示され,セッションは登録できません.

  3. PuTTYを起動したままNice DCVへの接続 へお進み下さい.

  1. sshコマンドでシステムA/B/Cいずれかへログインします.その際,gp-0001:8443 へのポートフォワーディングを行います.

    例:システムBへ b59999 ユーザでログインする
    
    $ ssh b59999@laurel.kudpc.kyoto-u.ac.jp -L 8443:gp-0001:8443 
  2. 下記のコマンドを実行することで,セッションの登録が行えます.
    $ dcv-session --create

    なお,既にセッションを登録済みの場合は, "Could not create session. A session with the same ID already exists." と表示され,新しいセッションは登録できません.また,GPUサーバが受け入れ上限値を超えている場合は, "GPU server is busy" と表示され,セッションは登録できません.

  3. SSHでスパコンへ接続したままNice DCVへの接続 へお進み下さい.

  1. Nice DCVのクライアントソフトを起動後,入力欄に localhost:8443#利用者番号 と入力し,Connect をクリックします.

  2. 初回接続時はSSLに関する下記の警告が表示されますので,Proceed または Trust で先へ進みます.

  3. "UserName" に利用者番号,"Password" に利用者ポータルのパスワードを入力し,Login をクリックします.なお,"Not secure connection"というSSLに関する警告が表示される場合がありますが,無視して進んでいただいて問題ありません.

  4. 接続に成功すると,GNOME Desktopが表示されます.なお,GNOME Desktop のスクリーンロック時のパスワードは,利用者ポータルのパスワードです(秘密鍵のパスフレーズではありません)

1ユーザが同時に登録できるセッションは1つまでとさせて頂きます. なお,同一のセッションへの同時接続には制限はありません.

GNOME Desktopからのログアウトは,画面右上の電源マークを押し,出てきたメニューの中からユーザ名を押して,"Log Out"からログアウトしてください.セッションが不要になった場合は,なるべくログアウトをお願いします.なお,電源オプションからのログアウトはできません.

  • ノードの共有... Nice DCVを利用できるGPUサーバの gp-0001 は,すべてのユーザがノードを共有して利用する形態となっております.

  • 利用できるCPUコア数... 1ユーザが同時に利用できるCPUコア数は,4コア となっており変更することはできません.

  • 利用できるメモリ量... 1ユーザが同時に利用できるメモリ量は,64GB となっており変更することはできません.

  • セッションの経過時間制限... セッションを登録してからの経過時間が24時間を超えると,セッションは強制終了されます. 終了時にセッションはリセットされ,レジュームは行われませんので,ご注意ください. なお,dcv-sessionコマンド でセッションの削除と再登録を行うと,再び24時間利用できます.

現在,Nice DCVは予約機能には対応しておりません.

dcv-session コマンドは,セッションの登録の他,セッションの詳細の確認およびセッションの削除に対応しております.

  • セッションの登録
    $ dcv-session --create
    Succecfully created your session: b59999
  • セッションの詳細の確認
    $ dcv-session --describe
      id : b59999
      owner : b59999
      num-of-connections : 1
      creation-time : 2020-10-26T06:03:03Z
      last-disconnection-time : 2020-10-26T09:05:23Z
  • セッションの削除
    $ dcv-session --close
    Succecfully closed your session: b59999


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.