Intel VTune Amplifier

バージョン システムA システムB システムC
VTune Amplifier XE 2021 (default) + +

+ : 利用可能
― : 利用不可

バージョン moduleファイル名
2021 iutils/xe2021

Intelコンパイラ が利用できる状態で,以下のようにmoduleコマンドを実行してください.

$ module load iutils

moduleコマンドの詳細は Modules をご覧ください.

コマンド 説明
vtune-gui GUI版のVTune Amplifierを起動します.
vtune コマンドライン版のVTune Amplifierを起動します.

コマンド 説明
amplxe-gui GUI版のVTune Amplifierを起動します.
amplxe-cl コマンドライン版のVTune Amplifierを起動します.

オプション 説明
-collect=string 分析を行うタイプを指定します.
-app-working-dir=string ワーキングディレクトリを指定します.
-r, -result-dir=string 結果を保存するディレクトリを指定します.

タイプ 説明
concurrency マルチスレッドの並列性を表示します.
hotspots ホットスポットを分析します.
lightweight-hotspots ホットスポットを高速に分析します.
locksandwaits ロックとウェイトを分析します.
snb_memory-access Sandy Bridgeでメモリアクセスを分析します.

  1. コンパイル
    Intel VTune Amplifierを使用する場合,デバッグオプション -g -O2 を指定してコンパイルを行ってください.コンパイルオプションについては こちらも参考にしてください.

    $ icc -g -O2 test.c
  2. VTune Amplifier の起動
    Exceed onDemand で, amplxe-gui コマンドを実行するとVTune Amplifierが起動します. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

    $ xrun amplxe-gui 

  3. プロジェクトを作成する
    File => New => Project を選択すると以下のような画面が表示されますので,適切な Project name を入力して, Create Project を押してください.

  4. プロジェクトの設定
    続いて,Project Properties の画面が表示されますので,対象とするプログラムを Application で指定して OK を押してください.引数等が必要な場合はここで指定します.

  5. 新しい分析の設定
    プロジェクトのプロパティ設定が完了すると,下図の画面に戻りますので 三角マークの New Analysis を押してください.

  6. 分析開始
    Choose Analysis Type の画面が表示されますので,チェックの対象を指定した上で, Start
    を押してください.

  7. 分析結果の確認
    しばらく待つと,VTune Amplifierでの分析結果が表示されます.この例では,grid_intersect関数がCPU時間を多く使用していることが分かります.

GUI版はOpenMPプログラムの解析に対応しています. xrun コマンドで起動時に,-A オプションでスレッド数を指定します.

例:8スレッド実行

xrun -A t=8:c=8 amplxe-gui

VTuneの起動後、「Advanced Hotspots」を選び、「Analyze OpenMP Regions」を選択して「Start」を押せば、スレッド8並列での解析が行われます。

なお,MPIプログラムの解析は,CUI版をご利用ください.

  1. コンパイル
    Intel VTune Ampliferを使用する場合,デバッグオプション -g -O2 を指定してコンパイルを行ってください.コンパイルオプションについては こちらも参考にしてください.

    $ icc -g -O2 test.c
  2. チェックの実行
    CUI版のVTune Amplifierは amplxe-cl コマンドで利用できます.この例では,結果を出力するディレクトリの指定して,hotspotsの分析をしています. tssrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

    $ tssrun amplxe-cl -collect hotspots  -r=./result ./a.out
    Parser returned a non-zero error code reading dat/balls.dat
    Aborting Render...
    Using result path `/home/b/b59999/intel/amplxe/samples/tachyon/result'
    Executing actions 75 % Generating a report                                     
    Summary
    -------
     
    Elapsed Time:  0.101
    CPU Time:      0
    Executing actions 100 % done  
  3. 結果の確認
    Exceed onDemand など X(GUI)が利用できる環境で, amplxe-gui コマンドを実行し,GUI版のVTune Amplifierで結果を確認してください. xrun コマンドの詳細は 会話型処理 をご覧ください.

    $ xrun amplxe-gui ./result/result.amplxe 

CUI版はMPIおよびOpenMPプログラムの解析に対応しています. tssrunでVTuneを実行の際,-A オプションで並列数を指定します. また,mpiexec.hydra の付加が必要です.

例:MPI4並列で解析

$ tssrun -A p=4 mpiexec.hydra amplxe-cl -collect hotspots  -r=./result ./a.out
qsub: waiting for job 1258261.jb to start
qsub: job 1258261.jb ready

amplxe: Analyzing data in the node-wide mode. The hostname (nb-0041) will be added to the result path/name.
amplxe: Collection started.
Hello world from processor nb-0041, rank 2 out of 4 processors
Hello world from processor nb-0041, rank 3 out of 4 processors
Hello world from processor nb-0041, rank 0 out of 4 processors
Hello world from processor nb-0041, rank 1 out of 4 processors
amplxe: Collection stopped.
amplxe: Using result path `/home0/w/w00001/mpitest/b/result.nb-0041'
amplxe: Executing actions 19 % Resolving information for `libtmip_psm2.so'     
amplxe: Warning: Cannot locate debugging symbols for file `/opt/app/intel/impi/2017.2.174/intel64/lib/libtmip_psm2.so'.
amplxe: Executing actions 75 % Generating a report                             
amplxe: Executing actions 100 % done                                           

Collection start time     07:23:49 19/12/2017 UTC
Collection stop time      07:23:50 19/12/2017 UTC

Summary
-------
Elapsed Time:       0.553
Paused Time:        0.0  
CPU Time:           0.310
Average CPU Usage:  0.435

qsub: job 1258261.jb completed


Copyright © Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University, All Rights Reserved.